コーヒーで脂肪燃焼

店舗ブログ

コーヒーの脂肪燃焼効果について

コーヒーの中には“カフェイン”が多く含まれています。

カフェインには中枢神経を刺激して、覚醒作用をもたらす効果がありますが、この「中枢神経を刺激する」というカフェインの作用は、脂肪の燃焼効果にも結び付きます。

中枢神経が興奮状態になると、呼吸量と熱発生量が増加、呼吸量と熱発生量が増加すると、消費カロリーが増えて脂肪が燃焼されます。

さらにカフェインは消化酵素の“リパーゼ”を活性化させます。

コーヒーを飲んでリパーゼが活発に働くことで、脂肪は分解されやすくなります。

カフェインで覚醒するというのは、体を動かすモードに入りやすくしてくれて、色々なところからエネルギーを集めて、体を動かせるようにし、脂肪は自然と燃焼されやすい状態にしてくれます。筋トレや有酸素をしつつ脂肪を落としたい人には、コーヒーをオススメします。

コーヒーには脂肪を溜めにくくする働きもある

コーヒーには他にもダイエットに有効な成分があります。その有効成分が“クロロゲン酸”です。

クロロゲン酸はポリフェノールの一種で、糖質の吸収を防いでくれます。糖質が吸収されて血糖値が上がると、体は脂肪を溜めやすくなります。つまり糖質の吸収を防ぐクロロゲン酸を摂ることで、太りにくい状態を作ることができます。

いつ飲めば筋トレ有酸素に効果的?

コーヒーを飲んでも、すぐに脂肪は燃焼されません。カフェインの血中濃度を上げるのに時間がかかるからです。大体の目安ですが、筋トレ、有酸素の1時間前にコーヒーを飲むことをオススメします次にコーヒーの量ですが、コップ1杯くらいをオススメします。余分な糖分を摂取しない為にブラックで飲むのが理想的です。カフェインの摂り過ぎは、不眠症などのカフェイン中毒の原因にもなります。あくまでも適度な量のコーヒーを飲みましょう。

PitGYM(ピットジム)南柏店は完全個室、マンツーマン指導のパーソナルジム です。
ブログでは筋トレや食事、ダイエットについて有益な情報を随時更新していきます。ダイエットやボディメイクを行いたい方、無料カウンセリングや体験トレーニングも実施していますのでお気軽にHPからご予約下さい👍🏽

関連記事一覧