「伸張性収縮」について

店舗ブログ

効率的なトレーニング「伸張性収縮」について説明していきます。
伸張性収縮とは、筋肉がブレーキとしての力を発揮しながら引き伸ばされている状態のこと、バーベル.ダンベルやラットプルダウンのバーを下ろす際際にをゆっくり下ろす動作時のような状態のことです。                          

簡単にまとめると『ゆっくりと重りを降ろす/戻す時の筋収縮』と覚えると良いでしょう!

重りを降ろす時に筋力なんて使わないんじゃないの?と思うかもしれませんが、実はそうではなく、関節や身体への急激な負担を抑える為、私たちは無意識のうちに筋肉にブレーキを掛け重りを降ろしています。

伸張性収縮時.筋力トレーニングではネガティブ動作と呼ばれるこの動きですが、この筋収縮の強みは短縮性等尺性収縮よりも約1.2〜1.5倍も大きな力を発揮できるため、効率的に筋肥大や筋量の増加をさせることが可能といわれています💪                                                  

例えると、筋力80kgに対し重量100kgは挙上こそできないものの、耐えながら降ろすことが出来る重量であるという事です!                                             『持ち上げる事が出来い重量でも、ゆっくり耐えながら降ろす事は出来る重量」という設定は筋肉に強烈な負荷をかける事が出来ます!

伸張性収縮は筋肉痛を起こしやすく、高強度で多量行うことによる疲労が蓄積されやすいのもポイントです❗️

また、伸張性収縮は運動中に脂肪がエネルギー源として使われやすいともいわれているため、効率良く効果的に体脂肪率の減少に役立つともいわれています!

いつものトレーニングにマンネリ化してる方や筋力アップに悩んでる方など効率的に筋肥大と体脂肪の減少に繋がるといわれている伸張性収縮をトレーニングメニューに取り入れてみるのもオススメです!!

PitGYM(ピットジム)南柏店は完全個室、マンツーマン指導のパーソナルジム です。
ブログでは筋トレや食事、ダイエットについて有益な情報を随時更新していきます。

ダイエットやボディメイクを行いたい方、無料カウンセリングや体験トレーニングも実施していますのでお気軽にHPからご予約下さい👍🏽

関連記事一覧