GI値って何?

店舗ブログ

GI値とはみなさん何かご存知ですか?
GI値とは食後血糖値の上昇を示す指標の事です!
グライセミック・インデックス(Glycemic Index)の略でGIは、食品に含まれる糖質の吸収度合いを示し、摂取2時間までの血液中の糖濃度を計ったものとなります。オーストラリアのシドニー大学ではグルコースを基準とした場合、GIが70以上の食品を高GI食品 56~69の間の食品を中GI食品 55以下の食品を低GI食品と定義しています。
GI値が低いほど上昇を緩やかにし身体に優しいということです!
このような食品を低GI食品と呼びます。血糖値を上がりずらくして過剰なインスリンの分泌を控え太りにくくさせてくれます!血糖値が高い『高血糖』が引き起こすトラブルは、糖尿病だけではありません。 大きな血管が痛むことで血管内が傷ついたり血流が詰まりやすくなり、 この状態を動脈硬化と呼びます。悪化することで心筋梗塞、脳梗塞といった症状のリスクが高まります。

血糖値の正常値は?
空腹時血糖値 99mg/dL以下
(日本人間ドック学会)
食後2時間血糖値 7.8mmol/L(140mg/dL)
(International Diabetes Federation

ここで皆さんが食事のメインとなるGI値が高い炭水化物・中間・低い炭水化物を順に並べていきます😊!         

血糖値を下げるには                                                                                         低GI食品を食生活に取り入れ食べる順番を工夫しなるべく空腹時をなくして間食をうまく活用する事をオススメします!

GI値が高い炭水化物
・白米
・パン                                                                                 

GI値が中間値の炭水化物                                                   ・うどん                                                              ・パスタ

GI値が低い炭水化物
・春雨
・蕎麦
・玄米
・小麦全粒粉パン   

となります!このように食品単体で見るのではなく、食べ合わせや食べる順序もGI値を抑えるポイントです!
効率的にダイエットを進めていくうえでただ食事制限をするのではなく、正しい知識を取り入れる事も必要です😊!

PitGYM(ピットジム)南柏店は完全個室、マンツーマン指導のパーソナルジム です。
ブログでは筋トレや食事、ダイエットについて有益な情報を随時更新していきます。

ダイエットやボディメイクを行いたい方、無料カウンセリングや体験トレーニングも実施していますのでお気軽にHPからご予約下さい👍🏽

関連記事一覧