脂質について

店舗ブログ

脂質は脂肪酸の種類により、『飽和脂肪酸』と『不飽和脂肪酸』に大きく分けられます。

飽和脂肪酸にはバターや肉のあぶらなどが該当します。エネルギー源として利用効率がよい脂ですが、過剰に摂取すると動脈硬化など体の負担になりやすい点がデメリットです。

飽和脂肪酸は、長鎖・中鎖・短鎖の脂肪酸として分類ができます。注意が必要なのは、体に蓄積しやすい“長鎖脂肪酸”です。食品でいうとラードや牛脂などの肉の脂です。

中鎖脂肪酸は、消化吸収が容易でエネルギー利用がスムーズな脂です。MCTオイルやココナッツオイルは体に脂肪として蓄積されにくく、おすすめできます。MCTオイルは飽和脂肪酸では珍しく常温で液体なので、食事に利用しやすいのも特徴です。熱に弱いので、サラダやスープ、コーヒーへ、飲む直前に加えて摂取するのがよいです。

不飽和脂肪酸にはオリーブオイルやナッツ油、魚油などの油が該当します。不飽和脂肪酸は“一価不飽和脂肪酸”と“多価不飽和脂肪酸(必須脂肪酸)”に分けられ、“多価不飽和脂肪酸(必須脂肪酸)”は抗炎症作用や血中悪玉コレステロールの減少、細胞膜の形成など体の調整に必要な油となります。こちらも食事から摂取したい油です。

カラダによさそうな『不飽和脂肪酸』ですが、避けたい脂肪酸も存在します。トランス脂肪酸です。トランス脂肪酸は不安定な形をしており、体内に入ると異物として認識されます。消化器官に大きな負担がかかることで、多くの疾病の引き金になると考えられています。

また、排出にはビタミン、ミネラルを大量に消費し、代謝機能を低下させるとも言われています。動物性の脂肪分が入ったものなどにも少量含まれていますが、とくに避けたいのはマーガリンやショートニングなどの人工トランス脂肪酸です。

脂質も体を作っていくために必要な栄養素ですが、いくら良い脂質といっても摂り過ぎれば高カロリーに繋がることは間違いありません。適量を理解した上で、摂取しましょう!

PitGYM(ピットジム)南柏店は完全個室、マンツーマン指導のパーソナルジム です。
ブログでは筋トレや食事、ダイエットについて有益な情報を随時更新していきます。ダイエットやボディメイクを行いたい方、無料カウンセリングや体験トレーニングも実施していますのでお気軽にHPからご予約下さい👍🏽

関連記事一覧