プロテインの種類について

店舗ブログ

プロテインには一般的に大きく分けて3種類ありす。 まず最初に牛乳に含まれるホエイプロテインとカゼインプロテイン。                                               そして大豆に含まれるソイプロテインです。 これらのプロテインは自分の身体・目的に合わせて飲む事で効率良く吸収出来ます!


数多とあるプロテインですが、原材料から分けると「動物性🐄」「植物性🪴」の2種類に分類します。

また動物性プロテインは、成分や製法の違いにより3種類に分別されます。
カゼインプロテインは、水に溶けない乳タンパク質で、酸と結合すると固まる性質があり、牛乳全体の約80%を占めます。ちなみにヨーグルトは、乳酸菌がつくった乳酸でカゼインが固まった物です。

一方で残る20%のホエイは、牛乳から脂肪分などの固形分とカゼインを取り除いた半透明の液体です。ヨーグルトを少し放置した時、上に出てくる液体にもホエイは溶け込んでいます。
カゼインプロテインやホエイプロテインは、牛乳の成分中の乳たんぱく質である「カゼイン」と「ホエイ」から抽出して生成されたものになります🥛

カゼインプロテイン
酸の作用によるカゼインの性質は、消化・吸収の過程でもその特性を発揮します。
カゼインは胃に運ばれると、胃酸によって凝集されるためヨーグルト状のドロっとした塊となり、胃の中にとどまる時間が長くなることができ、ゆっくりと時間をかけて消化・分解して吸収されます。そのため腹持ちが良く、減量時や就寝前など、食間のインターバルが長くなるときのタンパク質の補給に適しています。

ホエイプロテイン
ホエイはカゼインと異なり胃にとどまらず小腸で素早く消化、吸収されます。吸収がスピーディーなので、スポーツ前や後・筋力トレーニング前後の筋肉の回復を速やかに行いたいとき、起床時のタンパク質が枯渇している時間帯の補給などに適しています。
乳糖や乳脂肪分、ミネラルを含むWPC(ホエイプロテイン・コンセントレート)

それらを除去したWPI                                                  (ホエイプロテイン・アイソレート)の2種類があります。
タンパク質の含有率は、WPCが80%以下でWPIが90%前後となります。乳製品を摂取すととお腹が緩くなる.痛くなる(乳糖不耐症)という方は、WPIが適しています!
乳糖不耐症(にゅうとうふたいしょう、Lactose intolerance)とは、乳糖(ラクトース)の消化酵素のラクターゼが欠乏していることで消化器に生じる諸症状です。 多くの場合、消化不良や下痢などの症状を引き起こします。人を含むほとんどの哺乳動物は、離乳するとラクターゼの活性が低下します。

ソイプロテイン
大豆から作られるプロテインです。大豆に含まれる食物繊維により、カゼインプロテインと同様に消化・吸収が緩やかで腹持ちが良いのです。
そのため食事の置き換えや食事に添加すれば、お米を主食とした味噌や醤油、豆腐、納豆など、多くの大豆食品を添加して栄養のバランスを整える日本人の身体には相性が良いプロテインでしょう!

ボディメイク・ダイエットを行う際に栄養補給してプロテインを飲む事も大切ですがまずはしっかりと毎日の食事から出来る限りタンパク質・栄養補給していきバランスの良い食生活を意識しましょう🥢

PitGYM(ピットジム)南柏店は完全個室、マンツーマン指導のパーソナルジム です。
ブログでは筋トレや食事、ダイエットについて有益な情報を随時更新していきます。

ダイエットやボディメイクを行いたい方、無料カウンセリングや体験トレーニングも実施していますのでお気軽にHPからご予約下さい👍🏽

関連記事一覧