ビタミンB12ついて

店舗ブログ

本日はビタミン B12についてお話ししていこうと思います。

ビタミンB12は水溶性のビタミンB群の一種で、化学構造の中心部にミネラルのひとつであるコバルトを含み暗赤色をしているため、「赤いビタミン」「コバラミン」と呼ばれます。また、赤血球を生成する時に働くため「造血のビタミン」とも呼ばれます。
ビタミンB12はコバルトを含むビタミンの総称で、アデノシルコバラミン、メチルコバラミン、スルフィトコバラミン、ヒドロキシコバラミン、シアノコバラミンがあります。これらのコバラミンの中で最も効率良く利用されるのは、シアノコバラミンとヒドロキシコバラミンです。ビタミンB12は体内で、メチルコバラミンとアデノシルコバラミンに変換され様々な代謝 に関わる補酵素 として働いています。
ビタミンB12は弱酸性に対しては安定ですが、強酸性、アルカリ性では光によって分解されます。また、光や空気によって酸化されてしまうため、食品を保存する時には密閉する必要があります。水溶性ですが、熱には比較的強い性質を持っています。
ビタミンB12の体内での必要量はごく微量ですが、人間の体内には、肝臓に数年分のビタミンB12が貯蔵されています。
また、ビタミンB12は腸内細菌によってつくられ、基本的に動物性食品にしか含まれません。ただし例外として、もやしや発酵食品である納豆などにも含まれています。

①ビタミンB12の歴史
ビタミンB12は貧血と深い関わりがあります。貧血の治療には古くから鉄剤が用いられ、それはギリシア時代が始まりともいわれています。
貧血の多くは鉄が不足することによって起こりますが、中には鉄の摂取を増やしても改善しない貧血があります。このような貧血の場合は、長年治療法が見つからず問題となっていました。
そんな中、牛乳に含まれる成分が悪性貧血の症状を改善するとして研究が進められ、1948年にアメリカのフォルカースらによってビタミンB12が分離・発見されました。この発見により、問題となっていた貧血の原因がビタミンB12不足によるものとわかり、現在では治療は容易となっています。

②ビタミンB12の働き
ビタミンB12は細胞が分裂する時に不可欠な補酵素で、血液中の赤血球と結合し、酸素を運ぶ役割をしているヘモグロビンの合成を助ける効果があります。赤血球は約4ヵ月で寿命が尽きるため、骨髄では常に新しい赤血球がつくられています。ビタミンB12は葉酸と協力し、赤血球をつくる働きを助けています。

また、ビタミンB12には細胞の遺伝情報が詰まった核酸 (DNA・RNA)や、アミノ酸、たんぱく質の合成を助ける働きがあります。
脳から指令を伝える神経が正常に機能するためには、いくつものビタミンB群が関わっています。筋肉や神経を動かすエネルギーをつくるのがビタミンB1、神経伝達物質の生成に働くのがビタミンB6となっています。

ビタミンB12には脂質の合成や修復をする働きがあり、神経細胞内の表面にある脂質膜の合成にも関わっています。ビタミンB12は脂肪成分と馴染みやすい構造を持っているので、脳に簡単に入り込むことができます。そして汚れが詰まっている部分は洗い流し、切れている部分はつなぎ合わせることで、健康的なもとの姿に復元させる働きがあります。

ビタミンB12の欠乏症
ビタミンB12の不足によって起こる代表的な症状は、悪性貧血です。悪性貧血は、舌が赤く肥大し炎症を起こしたり、下痢、息切れ、めまい、動悸、だるさ、食欲不振などが見られます。
また、神経系の働きが悪化して手足のしびれや痛み、集中力の低下、物忘れなどの神経障害が起こります。これらはビタミンB12の投与で回復します。
そのほか、ビタミンB12が不足すると血液中のホモシステインというアミノ酸の量が増え、動脈硬化の引き金となり、生活習慣病 のリスクを高めます。

ビタミンB12は人間の体内では腸内細菌によってつくられ、肝臓にも蓄えられているため、不足することはほとんどありません。
ビタミンB12の吸収は小腸で行われます。ビタミンB12は食品中ではたんぱく質と結合しており、胃の中で消化酵素であるペプシンによって切り離されます。切り離されたビタミンB12が吸収されるためには、胃の細胞から分泌される内因子という糖たんぱく質と結合する必要があります。内因子と結合することによって、ビタミンB12は小腸で吸収されます。このため、胃の切除経験がある方や、胃が萎縮した高齢者の方、胃粘膜に病変がある方、小腸に吸収不全のある方は、内因子が不足していたり吸収する場所がないため、ビタミンB12が不足しやすく、ビタミンB12を静脈内に直接注射したり、サプリメントで補うといった対策がとられています。
また、菜食主義者 (ベジタリアン)もビタミンB12が不足しやすくなります。これはビタミンB12が、基本的に動物性食品にしか含まれていないためです。この場合には、味噌や納豆などの発酵食品から摂取する方法もあります。

ビタミンB12は、余分に摂取しても吸収に必要な内因子の分泌量の範囲内でしか吸収されないため、過剰症の心配はありません。

ビタミンB12の効果

貧血を予防する効果
赤血球をつくる働きを持つビタミンB12と葉酸はどちらも重要で、どちらか一方でも不足すると、細胞分裂や増殖がうまくいかなくなり、貧血が起こります。赤血球のもととなる赤芽球が異常に巨大化して (巨赤芽球)赤血球まで成熟できずに死んでしまうことで、正常な赤血球が減る病気を、巨赤芽球性貧血といいます。巨赤芽球性貧血は、鉄の不足が原因の貧血と区別して、悪性貧血とも呼ばれています。
現在では不足しているビタミンB12や葉酸を補給すれば改善することがわかっており、悪性の病気ではありません。


神経機能を正常に保つ効果
ビタミンB12は、核酸やアミノ酸、たんぱく質の合成を助けることによって、神経細胞の機能を正常に保つ効果があります。DNAの合成には葉酸の働きが不可欠ですが、葉酸がしっかりと働くためにはビタミンB12の働きが必要です。
また、末梢神経が傷つくと肩こりや腰痛の原因となることがあります。ビタミンB12は末梢神経の傷を治す働きがあり、整形外科では肩こり、腰痛、手足のしびれ、神経痛の治療薬としてビタミンB12が処方されています。ある研究において、アルツハイマー型認知症の患者の脳では、ビタミンB12の量が健康な人の4分の1から6分の1と少ないという結果が報告がされました。このことからも、ビタミンB12は脳の機能を正常に維持するために重要な役割を担っていると考えられます。そして、末梢神経の障害を修復する作用があることから、ビタミンB12はアルツハイマー型認知症にも有効ではないかと考えられ、研究がすすめられています。

睡眠を促す効果
最近の研究により、ビタミンB12は睡眠・覚醒のリズムに関わっていることがわかってきました。不規則な生活が続くと睡眠・覚醒のリズムが乱れます。ビタミンB12を大量に摂ると、このリズムの正常化に役立つと考えられています。


眼精疲労に対するビタミンB12の効果
目薬に含まれるビタミンB12には目のピント機能に関係する筋肉に作用し、眼精疲労を改善する働きがあります。
眼精疲労とは「目の疲れを放っておくと様々な症状を引き起こし、それが寝ても治らないほど酷いもの」を指します。具体的な症状は「ぼやける、かすむ、目が痛い、重い、しょぼしょぼする。」体の症状としては「肩こり、倦怠感、頭痛、めまい、吐き気」などがあります。
眼精疲労を起こす原因の一つが「毛様体筋」と呼ばれる筋肉が酷使される事です。
毛様体筋は目のピント調節に関わる筋肉です。パソコン作業のように近くを長時間見続けると緊張状態が続き筋肉疲労を起こします。ビタミンB12はこの様な筋肉の疲労に作用し、眼精疲労を改善します。

ビタミンB12はこのような食品に含まれています
○魚介類:かつお、さんま、のり、すじこ、貝類など
○肉類:レバーなど
○乳製品:チーズなど
○その他:もやし、納豆など (植物性食品は例外)

このような症状がある方におすすめ✨
○貧血でお悩みの方
○生活習慣病を予防したい方
○妊娠中・授乳中の方
○睡眠でお悩みの方

PitGYM(ピットジム)南柏店は完全個室、マンツーマン指導のパーソナルジム です。
ブログでは筋トレや食事、ダイエットについて有益な情報を随時更新していきます。

ダイエットやボディメイクを行いたい方、無料カウンセリングや体験トレーニングも実施していますのでお気軽にHPからご予約下さい👍🏽

関連記事一覧