朝にウォーキングがおすすめな理由とは?

店舗ブログ

本日は朝ウォーキングのメリットや効果について説明していきます!

朝ウォーキングのメリットや効果と言えば代表的なのは「ダイエットに最適」「生活リズムを整える」の2つです。

では、具体的にどのような効果が期待できるのか、詳しく説明していきます。

ダイエットに最適

ダイエットや減量に必要なのは脂肪を燃焼させることです。

それが1番効果的な時間帯が朝となります!

その理由は、食事の間隔が1日の中で1番空いているからです。就寝2時間前に食事を終えて7時間寝た場合、9時間は食事など摂取しないので、体内の糖質が不足した状態になります。

エネルギー源である糖質が不足すると身体は蓄積された脂肪を使うので、朝の運動は脂肪燃焼に効果的です!

また、朝運動をして代謝が上げることで、午前中の家事や通勤など普段の行動もエネルギー消費量が増えるので、1日全体のエネルギー消費量また消費カロリーもアップします🔥

1日の生活のリズムを整える

朝ウォーキングで朝日を浴びることで、セロトニンというホルモンが活性化されます。セロトニンは体内時計をリセットする働きがあるので、身体を休息モードから活動モードにしっかり切り替えてくれます!

さらに、夜にはセロトニンから睡眠を促すメラトニンが作られるので、質の良い睡眠にもつながります。 朝食欲がなく朝食を食べないという方も、ウォーキングをすることで空腹感を感じて朝食を取りやすくなるでしょう!

朝運動することでしっかりと目を覚まして朝ご飯を食べ、日中はしっかり活動して夜はぐっすりと寝る!朝ウォーキングをする事で健康的な生活リズムを整えてくれます!

朝ウォーキング正しく行うには

起床後30分はゆっくりウォーミングアップ

寝起きの体は筋肉も硬く、活動モードではないためすぐに運動を始めるのはおすすめしません。最低でも30分は身支度やストレッチなど、ウォーミングアップを行いましょう!

水分と糖質の摂取

寝起きの体は水分が不足し血液もドロドロな状態になっているため、そのまま運動してしまうと脱水症状を起こす可能性があるので、起きたらコップ1杯の水を飲みましょう!冷たい水だと体温を下げてしまうので、常温が最適です!また、糖質が全くない状態で運動すると体が脂肪を蓄えようとしてしまいます。これから運動やウォーキングを始める方の中には、朝お腹が空いてやる気が出ないという方も多いと思いますので人によってはふらついたり、めまいを起こす方もいますので、バナナやおにぎりを食べて糖質を補給しておくのもおすすめです!

運動負荷は軽めに&正しいフォームでウォーキング

朝は体が徐々に覚醒していく時間ですので、あまり運動負荷はかけないようにしましょう。時速5~6㎞のペースで30分くらいのウォーキングがおすすめです!ウォーキングの後には1日が始まりますので、疲れない程度に行う事がおすすめです!

歩く時の姿勢ですが、上半身は背筋を伸ばし、腕は足と連動させながらしっかりと振りましょう!足は踵から着地して足裏、つま先へと重心を移動させることを意識し、つま先で地面を押すように動かすとスムーズにできます💪

朝食しっかり食べる

エネルギー源となる糖質はもちろんの事、筋肉のもとになるタンパク質や代謝に必要なビタミン・ミネラルを意識して摂取しましょう!まずは継続することを目標にしましょう!!

朝ウォーキングは生活リズムを整えたり、ダイエットや減量に適していたりと、健康的な生活を送るためにおすすめの運動です!

ただ、朝は運動に適した時間帯ではないので、起床後は30分ほど時間を空けてからストレッチや身体を動かしておき水分・糖分を摂取し運動負荷は軽めにするといったポイントを意識して自分に合ったスケジュールで組む事をオススメします!

充実した1日のスタートに、朝日を浴びながらのウォーキングを始めてみてはいかかでしょうか😄?

PitGYM(ピットジム)南柏店は完全個室、マンツーマン指導のパーソナルジム です。
ブログでは筋トレや食事、ダイエットについて有益な情報を随時更新していきます。

ダイエットやボディメイクを行いたい方、無料カウンセリングや体験トレーニングも実施していますのでお気軽にHPからご予約下さい👍🏽

関連記事一覧