貧血予防のための栄養学と食事法

店舗ブログ

鉄欠乏症貧血とは血液中の赤血球数とヘモグロビン濃度が減少した状態をいいます。ヘモグロビンとは赤血球中に含まれる成分で、おもにからだのすみずみに酸素を運ぶ働きをしています。ヘモグロビンが減少すると、酸素の運搬能力が始まり、持久力の低下を招いてしまいます。

スポーツ貧血とは

食事から鉄摂取不足、消化管や尿への出欠、ランニングなどで繰り返し地面に足がたたきつけられることによる衝撃によって赤血球が壊れやすくなって起こる溶血などが原因としてあげられ、これらはスポーツ貧血とよばれます。

しかし、実際にはスポーツをする人の貧血の多くは鉄の摂取不足と鉄損失が増えることによる鉄欠乏性貧血です。

発汗でも鉄は失われている

同時に、尿や汗、皮膚から約1㎎の鉄が、さらに女性では月経血として1日あたり約0.5㎎の鉄を失っています。

発汗をともなうトレーニングなどのスポーツ活動によって、汗とともに失われていく分もあります。夏場のトレーニングでは短時間でも汗を2~3ℓかくことはめずらしいことではありません。

汗1ℓ中に平均して含まれる約0.5㎎の鉄が、汗とともに排出されてしまうのです。貧血が秋口に発生しやすいのは、発汗量が多い夏合宿や強化練習により、たくさん鉄が失われていくことも原因のひとつとなっています。

自覚症状はすぐにでない

鉄欠乏性貧血の判定には赤血球数、ヘモグロビン濃度、ヘマトクリット値だけでなく、鉄栄養状態の指標である血清鉄やフェリチン、相鉄結合能などを調べる必要があり、それらの数値を調べることで貧血の状態を把握することができます。体内の鉄欠乏はまず、正常な状態から貯蔵鉄が減少した前潜在性鉄欠乏が発現します。

貯蔵鉄が完全になくなると、次に血清鉄が減少します。この状態を潜在性鉄欠乏状態といいます。この段階では自覚症状はほとんどありませんが要注意です。そして最終的には赤血球、ヘモグロビンが減少し鉄欠乏性貧血、高度鉄欠乏貧血となります。

貧血の症状としては、軽い運動でも息切れや動悸がしたり、めまい、食欲不振などの神経障害や胃腸障害、体温低下などがあり、ひどくなると、日常生活にも支障がでてきます。

PitGYM(ピットジム)南柏店は完全個室、マンツーマン指導のパーソナルジム です。
ブログでは筋トレや食事、ダイエットについて有益な情報を随時更新していきます。ダイエットやボディメイクを行いたい方、無料カウンセリングや体験トレーニングも実施していますのでお気軽にHPからご予約下さい👍🏽

関連記事一覧